外為:円が対ドルで3日続伸、中国成長鈍化で質への逃避

20日の外国為替市場で円はドルに対 して3営業日続伸。中国の2013年10-12月(第4四半期)の成長が鈍化 したことから、安全とされる円への資金逃避が進んだ。

円は主要16通貨の大半に対して上昇。中国国家統計局が20日発表し た10-12月期の国内総生産(GDP)は前年同期比7.7%増と、7-9 月(第3四半期)の7.8%増から伸びが鈍化した。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめた市場予想は7.6%増だった。

ドルはユーロに対しアジア時間に8週間ぶり高値に達した後、下落 に転じた。ブラジル・レアルは過去3週間の高値に上昇。オーストラリ ア・ドルは5日ぶりに反発した。米国の株式・債券市場はキング牧師生 誕記念日の祝日で休場。

カナダ・ナショナル銀行の外国為替担当マネジングディレクター、 ジャック・スピッツ氏は「円ショートが積み上がっていたため、一部に 買い戻しが見られた」と指摘、「発表された統計から強い結論を引き出 すことは避けたい。オーストラリア・ドルにより強い影響があったよう に見える」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時14分現在、円は対ドルで0.1%高の1ド ル=104円17銭。ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.3564ドル。ア ジア時間には一時、昨年11月25日以来の高値の1.3508ドルを付けた。円 は対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ=141円31銭。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏(ロンドン在勤)は「中国は構造改革を実施する 必要に迫られており、市場は同国の成長見通しを懸念している」と話し た。

ドル強気見通し

ブルームバーグが集計したエコノミストの予想中央値によると、ド ルは年末までに対円で1ドル=110円、対ユーロで1ユーロ=1.28ドル に上昇すると見込まれている。

JPモルガン・チェースのグローバル為替戦略責任者、ジョン・ノ ーマンド氏(ロンドン在勤)は「われわれの予測では米国経済は今年、 過去3年に比べより力強い成長を示すだろう。この強い経済を背景に米 金融当局は大規模資産購入の縮小をさらに進めることが可能になる」と 指摘、「ドルは中央銀行がなお金融緩和を進めている国や経常収支赤字 国通貨の大部分に対して上昇する可能性が高い」と述べた。

原題: Yen Gains for a Third Day Versus Dollar as Chinese Growth Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE