日銀サーベイ:2%物価目標の「可能性」高まる-追加緩和時期も後退

日本銀行の2%物価目標について、 足元で物価が着実に上昇していることからエコノミストの間でも実現の 可能性が高まっているとの声が出始めている。そうした見方に呼応する ように、4-6月に追加緩和が行われるとの見方も後退しつつある。

エコノミスト36人を対象にブルームバーグ・ニュースが行った調査 で、全員が21、22日の金融政策決定会合で政策の現状維持が決まると予 想した。追加緩和の予想時期としては、消費税率引き上げ後の4-6月 が12人(33%)と依然として最多の回答となった。もっとも、昨年10月 2回目の会合前は56%、11月会合前51%、12月会合前37%と、回を重ね るごとに水準を切り下げているのが実情だ。

昨年11月の消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI)は前年 同月比1.2%上昇と6カ月連続で上昇。事前予想を上回り、伸び率 は2008年10月以来の水準となった。景気回復は地方にも波及しており、 日銀が16日発表した地域経済報告では全国9地域が「回復」を宣言。会 見した櫛田誠希・大阪支店長は「消費税率引き上げ前の駆け込みの反動 を乗り越えていくモメンタムが着実に強まる方向にある」と述べた。

調査では、コアCPIが「2015年度までの見通し期間の後半にかけ て2%程度に達する」という日銀の見通しが実現するか、という質問に 対しては「はい」という回答が引き続き2人にとどまった。一方で、 2%実現の時期は「見通せない」との回答は15人(42%)と、ここでも 前々回(49%)、前回(46%)から徐々に水準を切り下げている。

メーンではないが「可能性」高まっている

バークレイズ証券の森田京平チーフエコノミストは、2%実現は 「メーンシナリオにはなっていない」としながらも、「昨年見ていたよ りも2%が達成される可能性自体は高まっている」と指摘する。キャピ タル・エコノミクスのマルセル・シーリアント氏も「メーンシナリオは 変わっていない」としながらも、「サービス価格が03年以来の高水準に 達しており、もはや円安に反応して財価格が上昇しているだけではな い」と指摘。物価目標が実現する「可能性が高まっている」とみる。

シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストは「日本の輸入 浸透度が円高の下で急激に高まった結果、CPIの円安に対する感応度 は従来に比べて格段に高まっている」と指摘。「明確な円安基調が続く 場合、コアCPIが前年比2%に接近する事態も想定される」という。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所 長やみずほ総合研究所の高田創チーフエコノミストも、2年で2%の物 価安定目標が実現する可能性が「高まっている」と指摘。大和総研の熊 谷亮丸チーフエコノミストは「物価安定目標実現の可能性が次第に高ま っている点には留意が必要だ」という。

「2年」の期限を先送りも

もっとも、懐疑的な見方も根強い。三菱UFJモルガン・スタンレ ー証券の六車治美シニアマーケットエコノミストは「2%物価目標は1 年前と比べれば、円安・株高が進行した分、『可能性』は高まってい る」としながらも、「安定的な2%達成の鍵を握る賃金上昇について は、その持続的な上昇の可能性はあまり高まっていない」と指摘する。

物価目標の実現可能性が高まっているとの見方が増えつつある一方 で、達成期限である「2年」を先送りするとの見方も引き続き根強い。 白井さゆり審議委員は7日にシンガポールで行った講演で「2%程度の 達成期間については現段階では不確実性が高い」と指摘。その上で「2 年程度よりもやや緩やかなペースでの2%実現を目指した緩和が望まし いと判断されることもあり得る」と述べた。

みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは「『2年程 度で』の部分は実態としては達成困難であり、達成のめどとなる時期は 7月の中間評価か10月末の展望リポートで先送りされるだろう」とみ る。モルガン・スタンレーMUFG証券の山口毅エコノミストも、7月 もしくは10月の決定会合で「達成時期を後ずれさせる」と予想する。

執行部は「2年程度」にこだわり

日銀審議委員には、白井氏のほかにも2年程度での実現は難しいと いう見方が複数存在している。木内登英審議委員は昨年11月26日の講演 で「2年程度という短い期間で2%の物価安定の目標を達成することは 容易でないだけでなく、適当でもない」と述べた。

しかし、日銀執行部はあくまで「2年程度」へのこだわりを捨てて いない。黒田東彦総裁は昨年12月3日、名古屋市で会見し、2年程度で 2%に達しない場合の対応について問われ、「上方あるいは下方のそれ ぞれのリスクが顕在化しようとする、あるいは顕在化する事態になれ ば、それに対応した適切かつ十分な措置は取る」と言明。2%の実現が 大きく後ずれする場合、追加緩和を辞さない姿勢を示している。

日銀ウオッチャーを対象にしたアンケート調査の回答期限は15日午 前8時。調査項目は、①今会合での金融政策予想②追加緩和時期と手段 や量的・質的金融緩和の縮小時期、「2年で2%物価目標」実現の可能 性、目標修正の可能性③日銀当座預金の超過準備に対する付利金利(現 在0.1%)予想④コメント。

1)日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?
===================================================
調査機関数                      36   100%
---------------------------------------------------
A) 今年1-3月                     7    19%
B) 今年4-6月                    12    33%
C) 今年7-9月                    10    28%
D) 今年10-12月                   5    14%
E) 来年以降                      2     6%
F) 追加緩和なし                  0     0%
===================================================

2)追加緩和の具体的な手段   
===================================================
調査機関数                      36   100%
---------------------------------------------------
===================================================
調査機関数                      36   100%
---------------------------------------------------
a)長期国債の買い増し            26    72%
b)リスク資産 (ETF, REIT)        30    83%
c)付利の引き下げ                 2     6%
d)量的・質的金融緩和の延長      21    58%
e)その他                         5    14%
===================================================

3)日銀が2%の「物価安定の目標」が安定的に持続すると判断し、
量的・質的金融緩和の縮小を開始する時期はいつ?
===================================================
調査機関数                      36   100%
---------------------------------------------------
A) 2014年上期                    0     0%
B) 2014年下期                    0     0%
C) 2015年上期                    0     0%
D) 2015年下期                    2     6%
E) 2016年上期                    4    11%
F) 2016年下期                    4    11%
===================================================
調査機関数                      36   100%
---------------------------------------------------
G) 2017年上期                    2     6%
H) 2017年下期                    0     0%
I) 2018年以降                    9    25%
J) 見通せず                     15    42%
===================================================

4)日銀は生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI、消費増税の影響を
除く)の前年比が「2015年度までの見通し期間の後半にかけて2%程度
に達する」としてますが、この見通しが実現すると思いますか。
「いいえ」とお答えの場合、日銀は2年で2%の物価安定目標を修正
ないし放棄するとお考えですか。
===================================================
                              はい いいえ
---------------------------------------------------
見通しが実現する                 2     33
目標を修正ないし放棄する        16     18
===================================================
5)日銀は1月21、22日の金融政策決定会合で、経済・物価情勢の展望
(展望リポート)の中間評価を行います。昨年10月末の展望リポート
では、コアCPI前年比の見通し(委員の中央値)は2013年度が0.7%が
上昇、14年度が1.3%上昇(消費税率引き上げの影響を除く)、15年度
1.9%上昇(同)でした。日銀は今回、これらの見通しをどのように
見直すとお考えですか。      
====================================================
コアCPI前年比               13年度 14年度     15年度
----------------------------------------------------
予想中央値                    0.8%   1.3%       1.9%
予想平均値                   0.76%  1.34%       1.9%
予想最高値                    0.9%   1.8%         2%
予想最低値                    0.7%   1.2%       1.7%
予想最頻値                    0.8%   1.3%       1.9%
----------------------------------------------------

【各回答】                  
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標       CPI前年比
                              緩和   手段           達成  13年度  14年度  15年度
--------------------------------------------------------------------------------
メリルリンチ証券                 A     BE 2016年下期 N/A    0.7%    1.3%    1.9%
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標       CPI前年比
                              緩和   手段           達成  13年度  14年度  15年度
--------------------------------------------------------------------------------
バークレイズ証券                 B    ABD 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
BNPパリバ証券                    E      A   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
キャピタルエコノミクス           D    ABD   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
シティグループ証券               B    ABD   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
クレディ・アグリコル証券         B      A 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
クレディ・スイス証券             A     AE   見通せず  No    0.8%    1.2%    1.8%
第一生命経済研究所               E      A   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
大和総研                         B     AB   見通せず  No    0.8%    1.3%    1.9%
大和証券                         D      B   見通せず  No    0.8%    1.3%    1.9%
ゴールドマン・サックス証券       B     BD   見通せず  No    0.8%    1.3%    1.9%
HSBCホールディングス                   C    ABD   見通せず  No     N/A     N/A     N/A
伊藤忠経済研究所               B     BD 2016年下期  No    0.8%    1.4%    1.9%
ジャパンマクロアドバイザーズ             A      D 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
日本総合研究所                   C      B 2016年上期  No    0.7%    1.3%    1.9%
JPモルガン証券                   B    ABD 2018年以降  No    0.8%    1.5%    1.9%
明治安田生命保険                 A     AB   見通せず  No    0.8%    1.4%    1.9%
三菱UFJモルガンスタンレー証券            A     BE   見通せず  No    0.8%    1.3%    1.9%
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標       CPI前年比
                              緩和   手段           達成  13年度  14年度  15年度
--------------------------------------------------------------------------------
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環        B    BDE 2015年下期 Yes    0.7%    1.8%      2%
三菱UFJリサーチ&コンサルティング            B     AB 2018年以降  No    0.7%    1.3%    1.9%
みずほ総合研究所                 A    ABD 2018年以降  No    0.9%    1.4%      2%
みずほ証券                      C    ABD   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
マネックス証券                   C    ABE 2016年上期 Yes    0.8%    1.4%    1.9%
三井住友アセットマネジメント              C   ABCD 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
モルガンスタンレー三菱UFJ証券            C   ABDE 2016年下期  No    0.7%    1.3%    1.9%
ニッセイ基礎研究所               B    ABD 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
野村証券                         D    ABD 2016年上期  No    0.8%    1.3%    1.9%
農林中金総合研究所               C   ABCD 2017年上期  No    0.7%    1.3%    1.9%
岡三証券                         C    ABD 2016年下期  No    0.7%    1.3%    1.9%
信州大学                         A   ABDE 2016年上期  No    0.8%    1.5%    1.7%
SMBCフレンド証券                 D      D   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
SMBC日興証券                     C    ABD 2018年以降  No    0.8%    1.3%    1.9%
ソシエテジェネラル証券         B    ABD 2017年上期  No    0.7%    1.3%    1.9%
東短リサーチ                     C    ABD   見通せず  No    0.7%    1.3%    1.9%
東海東京証券                     D     AB   見通せず  No    0.8%    1.4%    1.9%
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標       CPI前年比
                              緩和   手段           達成  13年度  14年度  15年度
--------------------------------------------------------------------------------
RBS証券                          B     BD 2015年下期  No    0.8%    1.4%    1.9%
================================================================================
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE