米NJ州議会、車線閉鎖問題で公社首脳や知事側近に召喚状

米ニュージャージー州フォートリー とニューヨーク市マンハッタン北部を結ぶジョージ・ワシントン橋の車 線が昨年9月に一部閉鎖され、交通渋滞を引き起こした問題を調査する ため、同州議会はこの橋を管理するニューヨーク・ニュージャージー港 湾公社のトップと、クリスティー同州知事の側近らに召喚状を送った。

州議会で同問題への調査を主導するウィスニウスキー下院議員(民 主)によると、調査を担当する下院の委員会は16日、同公社のエグゼク ティブディレクター、パトリック・フォイエ氏とデービッド・サムソン 会長ら17人と、3機関に召喚状を送付した。同公社のクリス・バレンズ 報道官は17日、フォイエ氏が応じる見通しだと述べた。

大渋滞に見舞われたフォートリーのソコリッチ市長(民主)は、昨 年11月の知事選でクリスティー氏の敵対候補を支持していた。クリステ ィー知事は先に、車線閉鎖への関与をめぐって虚偽の報告をしたとして 側近のブリジェット・アン・ケリー氏(41)を解雇。知事自身は閉鎖に ついては知らなかったとしているが、2016年の米大統領選出馬の野心も 伝えられるクリスティー氏に政治的打撃となりかねない。

この問題への調査が拡大する中で、ウィスニウスキー議員は16日、 記者団に対し、「真相解明に努める」とし、そのためには同委員会が調 査を続ける必要があると述べた。

原題:Port Authority Top Officials Subpoenaed as N.J. Probe Widens (2)(抜粋)

--取材協力:Tim Jones、Elise Young. Editors: Stacie Sherman, Justin Blum

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE