アジア株:下落、任天堂が安い-中国経済統計は成長減速示す

20日のアジア株式相場は下落。任天 堂株中心に下げている。中国国家統計局が発表した昨年10-12月(第4 四半期)の国内総生産(GDP)の伸びは鈍化し、昨年12月の工業生産 の増加率も縮小した。

時価総額で中国最大の銀行、中国工商銀行は香港市場で1.4% 安。2014年3月期(今期)損益予想を予想外の赤字に修正した任天堂 は、東京市場で8.2%安。韓国の自動車メーカー、双龍自動車はソウル 市場で3%高。インドの自動車メーカーで筆頭株主のマヒンドラ・アン ド・マヒンドラが1兆ウォン(約980億円)の投資計画を発表した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後1時20分現在、前週末 比0.2%安の139.33。指数を構成する10業種のうち6業種が下げてい る。

原題:Asian Stocks Fall, Led by Nintendo, After China’s Economic Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE