香港株(終了):下落-ハンセン指数は4日ぶり反落

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が4営業日ぶりに反落した。中国国家統計局が20日発表した昨年10-12 月(第4四半期)の国内総生産(GDP)は、成長の鈍化を示した。

中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は2.1%安。香港の不動 産会社、恒盛地産(845 HK)は過去最大の下げを記録。張志熔前会長に よる上場廃止計画を株主が拒否したことが嫌気された。一方、金生産で 中国2位の招金鉱業(1818 HK)は、金相場が約6週間ぶりの高水準に 上昇したのを背景に4%高。

ハンセン指数は前週末比204.40ポイント(0.9%)安の22928.95で 取引を終了した。ハンセン中国企業株(H株)指数は同1.3%安 の10040.16。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏は、「GDP 統計は許容できる内容で、ここ数年改革が行われているため市場の予想 に沿っていた」と述べた。昨年10-12月期の中国GDPは前年同期 比7.7%増と、7-9月(第3四半期)の7.8%増から伸びが鈍化。ブル ームバーグ・ニュースがまとめた市場関係者の予想中央値は7.6%増だ った。

原題:Hong Kong Stocks Decline After China GDP, Factory Output Data (抜粋)

--取材協力:Adam Haigh. Editors: Sarah McDonald, John McCluskey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE