【個別銘柄】任天堂や関連銘柄売り、味の素と鳥居薬は急伸、大京安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

任天堂(7974):前週末比6.2%安の1万3745円。2014年3月期の 連結営業損益が従来予想の1000億円の黒字から、350億円の赤字に転落 する見通しと17日発表した。年末商戦でハードウエアの販売が振るわ ず、ソフトウエアの売り上げが予想を大きく下回った。期末配当予想 も260円から100円に減額。SMBC日興証券は目標株価を1万1000円か ら9500円に下げた。投資判断は「アンダーパフォーム」を継続。クリス マス商戦ではゲーム機「Wii(ウィー)U」の販売が加速しなかった ことは来期以降の業績に対しても大きな懸念材料、と同証は指摘。

ホシデン(6804)やミツミ電機(6767)など:ホシデンが6.4%安 の560円、ミツミ電が4.3%安の781円、メガチップス(6875)が4%安 の1520円、日本写真印刷(7915)が2%安の1594円など。任天堂が今期 の「WiiU」の販売予想を従来の900万台から280万台に引き下げ、業 績予想を下方修正したことを受け、任天堂のゲーム機部品などを手掛け る銘柄群に需要減退を警戒した売りが広がった。

日本CMK(6958):10%安の291円。14年3月期の連結純損益を 従来予想の10億円の黒字から、38億円の赤字に落ち込む見通し、と17日 発表した。子会社閉鎖・国内生産体制見直しに伴い、18億円程度の特別 損失を計上する予定であることが響く。同社はプリント配線基板を手掛 ける。

JXホールディングス(5020):1.3%安の543円。三菱UFJモル ガン・スタンレー証券が17日付で、投資判断を「アウトパフォーム」か ら「中立」に、目標株価を790円から500円に引き下げた。円安などによ る輸入原油コスト上昇に対し、特に家庭向けの比率が高いガソリン販売 でスプレッド低迷が顕著だ、と同証は指摘。現状では、需給バランスな どが改善する見通しが立たない、と分析した。

トヨタ紡織(3116):2%安の1273円。クレディ・スイス証券が17 日付で、目標株価を1300円から1200円に引き下げた。投資判断は「アン ダーパフォーム」を継続。売上高の9割強をトヨタに依存しており、ト ヨタグローバル生産台数の低成長下で数量効果は限られよう、と指摘し た。新しい営業利益予想は、今期が330億円(従来360億円、会社計 画300億円)、来期が350億円(従来400億円)。

味の素(2802):5%高の1553円。みずほ証券が17日付で、投資判 断を「中立」から「買い」に、目標株価を1460円から1950円に引き上げ た。アミノ酸バルクの業績底入れ見通しのもと、海外主導で来期から過 去最高益を更新する成長路線に回帰すると予想。15年3月期の営業利益 予想を740億円から780億円、16年3月期を840億円から920億円に増額し た。

新光電気工業(6967):4%高の964円。BNPパリバ証券が17日 付で、投資判断を「ウエート下げ」から「買い」に、目標株価を750円 から1100円に引き上げた。営業利益は円安を支えに13年10-12月期に底 を打ったもようで、14年7-9月期まで前四半期比ベースで増加が続く 見込みと予想。業界全体の在庫調整で減少していたMPUパッケージの 販売数量は14年1-3月期から緩やかに増加へ、と指摘した。

鳥居薬品(4551):ストップ高に当たる700円(22%)高の3905 円。スギ花粉症を対象とした減感作療法薬「シダトレンスギ花粉舌下 液」の国内製造販売承認を取得した、と17日発表。発表資料によると、 同薬は舌下に投与する減感作療法薬で、国内で初めて承認された。従来 の皮下注射による減感作療法と比べ、自宅での服薬が可能。注射による 痛みもなく治療ができることなどが特徴という。

大京(8840):5.9%安の287円。オリックス(8591)が保有する大 京の優先株について取得請求権を行使し、対価として普通株約3億9800 万株を取得すると17日発表した。議決権保有割合は従来の31.7%か ら64.1%に上昇、大京はオリックスの連結子会社となる。SMBC日興 証券はリポートで、大京株は89%の大幅な希薄化となり、ネガティブと 指摘。一方、オリックス株は1.4%高の1748円で終えた。

レオン自動機(6272):4%高の673円。栃木県宇都宮市の上河内 工場で建設していた太陽光発電施設の工事が完了し、東京電力に対し売 電を始めた、と20日午後1時に発表した。想定発電量は年間約60万キロ ワットで、一般家庭130世帯分としている。

コロプラ(3668):16%高の3595円。スマートフォン(スマホ)向 けアプリのダウンロードが累計7000万を突破した、と17日発表。同社が 提供する「クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ」、「プロ野球 PRIDE」、「軍勢RPG蒼の三国志」が17日時点でGooglePlayの国 内アプリ売り上げランキングで上位10位にランクインした。

ニッパツ(5991):4.7%安の1188円。玉村和己社長が、15年3月 期の連結業績について、連続での最高益更新は難しいとの見通しを示し た、と18日付の日本経済新聞朝刊が報じた。海外の生産拠点立ち上げに 伴う費用が先行する一方、国内の自動車用バネなどの販売が伸び悩むた め、としている。

くろがね工作所(7997):50円(39%)高の178円とストップ 高。14年11月期の連結営業利益は前期比42%増の2億3000万円を見込 む、と17日に発表。事務用家具部門で新製品チェアの拡販を図るほか、 建築付帯設備他部門では病院のリニューアル・統廃合需要などを取り込 む方針。生産、物流コストの削減も図る。13年11月期は前の期に比 べ18%減の1億6100万円だった。

塩水港精糖(2112):13%高の328円。24日付で上場市場が東京証 券取引所2部から1部に変更になる、と17日に発表。知名度向上の投資 家層の広がりを見込む買いが膨らんだ。

陽光都市開発(8946):17%高の239円。香港の柏雅資本集団控股 有限公司(ベルグラビア・キャピタル・グループ・ホールディングス) の株式を取得、子会社化し、中国で不動産関連事業に進出すると17日に 発表。業容拡大につながるとみられた。ベルグラビア・グループの取得 総額は3億5300万円。

ヴィンクス(3784):300円(25%)高の1492円とストップ高。昨 年3月に公表していたベトナム現地法人設立が同国政府から認可され、 同法人が事業を開始したと17日に発表。現地でソフトウエア開発やシス テムの導入や保守などを行う。海外事業の拡大につながるとみられた。

イナリサーチ(2176):100円(15%)高の760円でストップ高。公 益財団法人の実験動物中央研究所(神奈川県川崎市)と共同で進めてき たコモンマーモセット(オマキザル科の小型霊長類)を使った医薬品開 発試験の導入について、今般学術機関から毒性試験を受注、試験を開始 すると20日朝に発表した。同研究所との一部成果を2月14、15日の日本 安全性薬理研究会で公表する。

協和コンサルタンツ(9647):9.8%安の203円。14年11月期の連結 営業利益は前期比41%減の1億6000万円を見込む、と17日に発表。主力 の建設コンサルタント事業を中心に、震災復興需要などから増収を計画 するが、工事要員の不足などリスク面も踏まえた。13年11月期は、人 的・新規事業投資の時期変更の影響で、前の期に比べ43%増の2億7000 万円だった。

KG情報(2408):9.8%安の516円。13年12月期の連結営業利益は 前の期に比べ21%減の7億5900万円だった、と17日に発表。求人関連情 報が伸びる一方、ライフ関連事業で市場規模が縮小傾向のクーポンイン フリーペーパーの減収などが響いた。14年12月期は、前期比33%減の5 億900万円と連続減益を見込む。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE