NY原油(20日):2週間ぶり高値から下落-中国工業生産鈍化

ニューヨーク原油先物相場は20日、 先週末に付けた2週間ぶり高値から下落した。この日発表された中国の 統計で、世界2位の石油消費国である同国の成長減速や工業生産の伸び 鈍化が示されたことが材料。

中国国家統計局によれば、昨年12月の工業生産は前年同月比9.7% 増と、この5カ月で最も低い伸びにとどまった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の電子取引で原油先物2月 限は一時94セント安の1バレル当たり93.43ドルとなった。ニューヨー ク時間20日午前11時22分(日本時間21日午前1時22分)現在、93.57ド ル。1月17日の通常取引終値は前日比41セント高の94.37ドルと、2日 以来の高値だった。全限月の取引高は100日平均を81%下回った。キン グ牧師生誕記念日の祝日のため通常取引は行われなかった。

原題:WTI Crude Falls From Two-Week High as China Factory Output Slows(抜粋)

--取材協力:Ben Sharples、Nayla Razzouk、Edward Welsch. Editor: David Marino

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE