ドイツ銀:10-12月は税引き前で予想外の赤字、訴訟費など響く

総収入で欧州最大の投資銀行、ドイ ツ銀行の2013年10-12月(第4四半期)の税引き前損益は予想外の赤字 となった。訴訟費用や会計上の費用などが響いた。株価は一時5.3%安 と大きく下げた。

19日の同行発表によると、第4四半期は税引き前で11億5000万ユー ロ(約1622億円)の赤字。訴訟関連で5億2800万ユーロの費用を計上し たほか、事業再編や信用、債務、調達の各評価調整に伴う費用が発生し た。

ブルームバーグが集計したアナリスト6人の予想平均は税引き前で 6億2850万ユーロの黒字だった。同行は予定より10日早く決算を発表し た。

ドイツ銀は米国の住宅ローン関連商品について顧客を欺いたとされ る問題での訴訟や、トレーダーによる指標金利の操作疑惑をめぐり調査 する当局との和解などで引当金を計上。また、収益性向上策の一環とし ての管理改善や人員削減、低コスト地域への人員配置転換の支出も行っ た。

同行のアンシュー・ジェイン、ユルゲン・フィッチェン両共同最高 経営責任者(CEO)は発表文で、15年について自らが設定した目標の 達成に「自信」を示した。13年まで「2年連続で法的問題に対処しなが ら、将来の成長と管理の強化に投資した」とし、「14年はさらなる挑戦 と規律ある実践の年になる」と説明した。

株価はフランクフルト時間午前9時4分現在、前週末比4.5%安 の37.58ユーロ。

12年10-12月も赤字

12年10-12月期は税引き前で31億7000万ユーロの赤字だった。13年 7-9月(第3四半期)も、法的費用の引当金を12億ユーロ積み増した ため利益がほぼ帳消しになった。

昨年第4四半期の投資銀行・トレーディング部門収入は前年同期 比27%減、債券トレーディング収入は31%減だった。トランザクション バンキングと資産運用部門は黒字。

昨年12月末時点の法務引当金は23億ユーロと、9月末の41億ユーロ から減少した。届け出資料によれば昨年12月に少なくとも3件の問題で 和解した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE