JPモルガンの元アジア幹部をFBI聴取、採用慣行で-関係者

米銀JPモルガン・チェースのアジ ア太平洋地域責任者としてアジア事業拡大に寄与したギャビー・アブデ ルヌア氏が同行の採用慣行について米連邦捜査局(FBI)から聴取を 受けたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。同行の採用慣行は国際 的な贈収賄をめぐる捜査の焦点となっている

アブデルヌア氏は2012年にJPモルガンを退社し、その後プライベ ートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ベイン・キャピタルの上級 顧問となった。昨年遅くニューヨーク近郊の空港でFBIの捜査員と会 い聴取を受けたと、関係者が匿名を条件に述べた。同氏とJPモルガン は不正を問われてはいないという。

FBIがJPモルガンの元幹部を聴取したことは、同行の採用慣行 をめぐる調査が深刻度を増していることを示唆している。同行は昨年8 月、香港での一部の人員採用や顧客との関係について米証券取引委員会 (SEC)から情報提供を求められたことを明らかにしている。アジア で政府関係者の親族を採用し業務受注を狙った疑いが持たれていると、 事情に詳しい関係者が述べていた。

ブルームバーグ・ニュースはアブデルヌア氏のマンハッタンの自宅 にメッセージを残したが、応答はない。JPモルガンの香港の現・元従 業員数人は弁護士を起用したが、料金は主に同行が支払っていると関係 者の1人が述べた。

JPモルガンの広報担当マーク・コーンブラウ氏は調査についてコ メントを控えた。事情に詳しい関係者によれば、アブデルヌア氏のベイ ンとの契約は昨年末で終了している。

原題:Ex-JPMorgan Asia Head Said to Be Questioned by FBI About Hirings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE