ソフトバンク、ドイツテレコムとTモバイル株取得で直接交渉

ソフトバンクは傘下の米スプリント とTモバイルUSの統合を目指しているが、統合への障害を解消するた めTモバイルUSの67%を保有するドイツテレコムと直接交渉を行って いる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者の1人によると、ソフトバンクは銀行団から資金面での保証 を得ているが、合意までにはなお数カ月を要する可能性がある。情報は 非公開だとして関係者が匿名で語った。関係者2人によれば、未解決の 問題としては、ソフトバンクがドイツテレコムの持ち分に対しどれほど の現金や株式を支払うのかや、スプリントとTモバイルをどのように統 合するのかが含まれる。

関係者の1人によると、ドイツテレコムは全額現金での提案を望ん でいるが、ソフトバンクは可能な限り最大限の現金支払いを目指してい るという。ドイツテレコムの持ち分の時価総額は約260億ドル(約2 兆7000億円)。関係者が先月明らかにしたところでは、孫正義社長はゴ ールドマン・サックス・グループやみずほ銀行、クレディ・スイス・グ ループなどから約200億ドルの調達を目指している。

スプリントとTモバイルが統合されれば米AT&Tやベライゾン・ コミュニケーションズに対して長期的な成功を収める可能性が高まると みられる。別の関係者によれば、スプリントは交渉をコントロールする 立場になく、孫社長が交渉を進めるかどうかの判断を下すことになると 認識しているという。

ソフトバンクとドイツテレコムの広報担当者には連絡が取れていな い。スプリントとTモバイルの広報担当者はいずれもコメントを控え た。

原題:SoftBank Said to Seek Sprint-T-Mobile Deal With Finances Assured(抜粋)

--取材協力:Scott Moritz、谷口崇子. Editors: Mohammed Hadi, Crayton Harrison

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE