NY原油(17日):反発、2週間ぶり高値-経済指標を好感

ニューヨーク原油先物相場は反発。 2週間ぶりの高値を付けた。鉱工業生産指数など米経済指標が景気加速 を示唆したことが買いを誘った。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「相場 上昇は景気見通しの改善を反映している。景気回復は燃料需要の増加に つながる」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比41セント(0.4%)高の1バレル=94.37ドルと、終値としては2日以 来の高値となった。週間では1.8%高。

原題:WTI Crude Advances to Two-Week High on U.S. Economic Strength(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE