NY金(17日):続伸、ミネアポリス連銀総裁発言で

ニューヨーク金先物相場は続伸。米 ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁が経済刺激に向けてさらなる措置 が必要との認識を示したことが背景。金は週間ベースでは8月以来最長 の連続上昇となった。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ハト派的なコメントが明ら かに追い風になっている」と指摘。「市場はあらゆる米経済指標や金融 当局者の発言からヒントを得ようと注目している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.9%高の1オンス=1251.90ドルで終了。10日以来の大幅 上昇となった。週間では0.4%上げて、4週連続の上昇。

原題:Gold Rises, Caps Fourth Straight Weekly Gain, on Stimulus Bets(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim、Nicholas Larkin. Editors: Joe Richter, Patrick McKiernan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE