モルガンS10-12月:予想上回る利益、株価は半年ぶり大幅上昇

米モルガン・スタンレーの2013年10 -12月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。株式 トレーディング収入が増加したほか、ブローカー部門の収入が過去最高 だった。株価は半年ぶりの大幅上昇となった。

17日の同社発表によると、純利益は1億8100ドル(約190億円、1 株当たり7セント)と、前年同期の5億9400万ドル(同29セント)から 減少。自社債務に関連した会計上の費用と税効果、法務費用を除いたベ ースの1株利益は50セントとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たアナリスト26人の予想平均の44セントを上回った。

第4四半期には、住宅ローン担保証券に関連した訴訟や調査などに 絡む費用として12億ドルを追加で引き当てた。

会計上の調整を除いたベースの収入は82億ドルと、前年同期の74 億7000万ドルから増加。同ベースでの13年通期の株主資本利益率 (ROE)は前年と同水準の5.1%。経費削減とトレーディング事業の 必要資本を減らす目標は達成したものの、ROEを2倍にする目標は達 成できていない。ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は昨 年5月にROE10%の達成に意欲を示していた。

ブローカー部門「グローバル・ウェルスマネジメント」の第4四半 期税引き前利益は26%増え7億900万ドル。収入は過去最高の37億3000 万ドルに達した。同部門の税引き前利益率は19%と、前年同期の17%か ら上昇した。

モルガン・スタンレーはこの日、15年第4四半期の利益率目標とし て22-25%を設定。金利と相場水準に変動がないことを前提とした。

会計調整を除いた株式トレーディング収入は前年同期から7%増 え15億ドル。第3四半期の同収入は世界の投資銀行中で最高だった。

債券セールス・トレーディング収入は同ベースで14%減の6億9400 万ドル。

株価は4.4%高の33.40ドルと昨年7月18日以来の大幅な上昇となっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE