インド株(終了):2週ぶり大幅安、決算失望でIT株に売り

17日のインド株式相場は下落。指標 のS&Pセンセックス指数は続落し、2週間ぶりの大幅安となった。タ タ・コンサルタンシー・サービシズの昨年10-12月売上高が予想を下回 ったことを手掛かりに、テクノロジー株が売られた。

時価総額でインド最大の企業、タタ・コンサルタンシーは約2年余 りで最もきつい値下がりとなった。同銘柄などソフトウエア関連10銘柄 で構成される指数は3カ月ぶりの大幅下落。ICICI銀行は1週間ぶ りの大幅安で、銀行株指数が続落した。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比201.56ポイント(1%) 安の21063.62で終了。下落率は2日以降で最大。週間ベースでは1.5% 上げた。

原題:Sensex Drops for Second Day as India’s Tata Consultancy Tumbles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE