NY外為(17日):ドル指数一時4カ月ぶり高水準、住宅指標で

ニューヨーク外国為替市場ではドル が買われ、ドル指数は一時4カ月ぶりの高水準をつけた。昨年12月の米 住宅着工件数は市場予想より小幅な減少にとどまった。

1月の米ミシガン大学消費者マインド指数が予想外に低下したこと を受けて、ドルは一時伸び悩んだ。米リッチモンド連銀のラッカー総裁 は講演で、労働市場の著しい改善を考えれば米連邦公開市場委員会 (FOMC)がこの先の会合で資産購入規模のさらなる縮小を検討する 可能性は高いと述べた。

野村セキュリティーズ・インターナショナルの外国為替ストラテジ スト、チャールズ・サンタルノー氏(ニューヨーク在勤)は電話インタ ビューで、「ミシガンは予想より弱かったが、市場はあまり反応しなか った」と指摘。「ドルはこの先ほぼすべての通貨に対して上昇するだろ う。非常に広範なドル高だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上昇 の1032.39。一時は1032.84と、昨年9月9日以来の高水準をつけた。週 間では0.8%上昇。

ドルは対ユーロで0.6%高の1ユーロ=1.3541ドル。一時は1.3517 ドルと、昨年11月26日以来の高値となった。ドルは対円でほぼ変わらず の1ドル=104円32銭。ユーロは対円で0.6%安の1ユーロ=141円25 銭。

米経済指標

米商務省が発表した昨年12月の住宅着工件数(季節調整済み、年率 換算、以下同じ)は99万9000戸と、前月から9.8%減少した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は98万5000戸だ った。これを背景に、ドルは対ユーロで上げ幅を拡大した。

住宅着工件数は2013年年間では前年比18.3%増の92万3400戸となっ た。これは07年(136万戸)以来で最高。

コメルツ銀行のシニア通貨ストラテジスト、ピーター・キンセラ氏 (ロンドン在勤)は、この住宅指標は「良好な統計で、基本的には米経 済の前向きな展望を表している」と指摘。「ドルは全般的に若干ながら 上昇している」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した12月の鉱工業生産指数 (製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季節調整値)は前月比0.3% 上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。前月は 1%上昇と、速報値の1.1%上昇から修正された。

1月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は80.4と、前月の82.5から低下した。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト予想の中央値は83.5だった。

「ドルの主要なテーマ」

FOMCは先月の会合で月額の債券購入を従来の850億ドルから750 億ドルに縮小することを決めた。リッチモンド連銀のラッカー総裁はこ の日、「同プログラムを終えるためのプロセスを開始したのは理にかな う」と話した。

BNYメロンのチーフ為替ストラテジストのサイモン・デリック氏 は「緩和縮小に関するFOMC当局者の今週の発言は一定していた。こ うした債券購入の縮小を続けていくということが、ドルの主要なテーマ になると考える」と述べた。

原題:Dollar Rises to 4-Month High on Housing’s Best Year Since 2007(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、Angie Lau、野沢茂樹、Masaki Kondo、Mariko Ishikawa、Lucy Meakin. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE