任天堂の株価急落、3期営業赤字予想受け-「新事業構造」模索へ

更新日時

任天堂が先週末に今期(2014年3月 期)の利益目標を大幅に引き下げたのを受けて、20日の東京市場で同社 の株価が急落している。岩田聡社長は17日の会見で、ゲーム市場が急速 に変化する中で「新たな事業構造について考えている」と述べた。

20日午前の任天堂の株価は売り先行となり、一時、前営業日比19% 安の1万1935円まで下落、11年7月以来の日中下落率となった。その 後6.2%安の1万3745円で取引を終えた。

エース経済研究所の安田秀樹アナリストはゲーム機「Wii(ウィ ー)U」について「立て直しは非常に困難になってきた。任天堂は次世 代機のことを考えないといけない」と話した。「ハードウエアが売れて いないと、サードパーティーはソフトを作らなくなる。それで、ソフト 不足になり、ハードウエアはさらに売れなくなる。任天堂は悪循環に陥 っている」と述べた。

17日の発表資料によると、年末商戦でハードウエアの販売が振るわ ず、ソフトウエアの売り上げが予想を大きく下回った。今期の「Wii U」の販売予想を従来の900万台から280万台に、同機用ソフトについて も3800万本から1900万本に引き下げた。結果、今期の営業利益を従来予 想の1000億円の黒字から350億円の赤字に引き下げ、純損益の見通しに ついても250億円の赤字に下方修正した。従来は550億円の黒字予想だっ た。

ゲーム市場ではスマートフォン(スマホ)やタブレット向けの比較 的手軽なゲームソフトが普及する一方で、従来からの据え置き型ゲーム 機でも、ソニーと米マイクロソフトが昨年、相次いで新型機を投入する など競争が激化している。任天堂はゲーム機と、それら向けのソフト販 売を事業の両輪としているが、市場の変化に対応できなかった格好だ。

コミットメント果たせず

岩田社長は17日夕方、大阪で会見を開き「年末商戦では、販売・顧 客層の拡大を目指し、さまざまな販売促進活動」に取り組んだものの 「結果として、売上高が想定を大幅に下回る見込み」と述べた。同社は 「娯楽を軸とする会社」だが「急激な変化に少し追いついてない」とい う。30日に経営方針説明会を開き、今後の展望を説明する予定。

任天堂は前期まで2期連続の営業赤字で、今期は岩田社長が営業利 益1000億円達成をコミットメント(公約)として掲げていた。しかし12 年11月に発売されたUの販売は伸び悩み、従来の販売目標達成のために はこの下半期に上半期の20倍近くを売らなければならない計算だった

岩田社長によると、任天堂では10-12月期の売り上げが1年の半分 を占める年もあるという。ソニーが昨年11月に「プレイステーション (PS)4」、米マイクロソフトは「Xbox One(エックスボッ クス・ワン)」を投入。これらに対し、任天堂は先手を打つ格好で、8 月に欧米市場でのU値下げに踏み切っていた。

進退論

岩田社長は昨年10月の会見で「ゲームビジネスは1本のソフトで流 れが変わる」と述べ、目標達成は可能との考えを示していたが、結果と して失敗。17日の会見で、役員報酬をさらに減額するなど検討している ものの、今後早期にビジネスの勢いを回復させるのが何よりの責任だと 述べ、社長続投の意向を示した。

同社長の進退問題について岩井コスモ証券の川崎朝映アナリストは 「岩田社長が退くべきという見方もあるが、社長は辞めないと言ってい るのでとどまるだろう。岩田社長に代わる人材も見当たらない」と述べ た。一方、ちばぎんアセットマネジメントの奥村義弘調査部長は、社長 が辞めないのなら「戦略転換について説明しなくてはならない。そうで ないと株価の回復は難しい」と語った。

ビジネスモデル

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は「構造上の問 題だ」という。任天堂は従来の「ハードを中心としたビジネスモデルか ら脱皮する必要があるが、そこから抜けられない」と述べた。13年3月 期の売り上げ実績では、ハードウエアの占める割合は62.4%に対し、ソ フトウエアは37.4%だ。

岩田社長は17日の会見で「単純にマリオをスマホの上で動かせばい いというわけではない」と前置きした上で、ゲーム機を2万-3万円 で、ソフトを何千円で購入してもらう事業構造について「今後もずっと 続くのかということに関してはこれはもう疑問を持つべきだ」と話し た。

任天堂は昨年11月、動画サービスを提供するドワンゴの株式を取得 した。ドワンゴの発表資料によると「両社の強みを持ち寄り、変化の激 しいエンタテインメント業界において、今までにないユニークなインタ ーネット・エンタテインメントサービスの創造」に取り組むという。

任天堂の株価は昨年54.5%上昇、今年に入って17日までに4.5%上 昇していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE