温暖化抑制策、世界のGDPを30年までに4%削減か-国連草案

地球の気温上昇を安全な水準に抑制 する政策コストが2030年までに世界の国内総生産(GDP)の4%に達 するとの見通しを国連報告の草案が示した。

国連気候変動報告の草案によると、気温上昇をセ氏2度に抑制する には、地球温暖化ガスを50年までに10年比で40-70%削減する必要があ る。再生可能エネルギーや原子力発電、二酸化炭素(CO2)の回収・ 貯留の比率を3倍に増やす必要がある見込み。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのグランサム気候変動・ 環境研究所の政策ディレクター、ボブ・ウォード氏は「この報告は気温 上昇を2度に抑制することがまだ技術的に可能である」とともに、15年 の気候変動会議での合意に向けて「主要な政策目標であり続けるべきで あることを示している」と指摘した。

国連報告の草案はブルームバーグが匿名の関係者から入手した。国 連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の広報担当者は草案に ついてのコメントを控えた。

原題:Climate Protection May Reduce World GDP 4% by 2030, UN Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE