アジアの富豪番付に変更なし-マカオカジノ業界の呂氏は2位

マカオでカジノを運営するギャラク シー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団)の創業者、呂 志和氏は16日時点で、アジア2位の富豪にとどまった。トップは香港の 不動産投資家、李嘉誠氏で変わりはない。

ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、呂氏の純資産は今年に 入り29億ドル増え、ニューヨーク時間16日午後5時半時点で237億ドル (約2兆4700億円)。李氏の純資産は295億ドルで、同氏は2012年4月 9日以来、アジア一の富豪の地位を維持している。

呂氏の資産は同氏一族が保有する51%のギャラクシー株に支えられ ている。売上高でアジア3位のカジノ運営会社である同社の株価は昨年 1年で129%上昇。マカオの13年のカジノ収入は前年比18.6%増の452億 ドルとなった。

ブルームバーグのランキングで純資産が昨年に最も増えたのは、世 界の富豪番付首位のビル・ゲイツ氏で155億ドル増。次が144億ドル拡大 した米カジノ会社ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長 で、同会長はマカオでの呂氏のライバル。

原題:Macau Casino Magnate Lui Remains Asia’s Second-Richest (Correct)(抜粋)

--取材協力:Michael Wei. Editors: Peter Newcomb, Matthew G. Miller

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE