米民主党上院トップ:債務上限引き上げ急務でない

リード米民主党上院院内総務は16 日、連邦債務上限引き上げは議会の「急務ではない」との見解を示し た。しかし、同院内総務の報道官はその後、米政府の借り入れ権限失効 前に余裕をもって同上限を引き上げることができるよう、リード氏が取 り組む意向であると語った。

リード氏自身の発言の数時間前には、ルー米財務長官が議会に対 し、出来るだけ早く行動すべきだと呼び掛けていた。ルー長官は連邦債 務の上限突破を回避するための緊急措置について、早ければ2月末に尽 きるとの見通しを表明した。

リード氏は連邦議会議事堂で記者団に対し、債務上限引き上げをめ ぐる議会採決は4月か5月以降になるとの予想を明らかにした。

同院内総務のアダム・ジェントルソン報道官は電話インタビュー で、リード氏はホワイトハウスや財務省からの具体的なアドバイスに言 及したのではないと説明するとともに、緊急措置が尽きる前に債務上限 を引き上げようとリード氏は尽力していると言明した。

一方、ベイナー下院議長(共和)はこの日、債務上限引き上げに関 する措置の期限を自分は定めていないと発言。「われわれはデフォルト (債務不履行)に陥ってはならないし、それに近づくべきではないとい うことだけは確かだ」とした上で、「上下両院が債務上限引き上げ法案 で迅速に行動することを望む。どんな内容で、どのように公表されるか は近く明らかになるだろう」と述べた。

原題:Reid Says Debt Limit Not Urgent After Lew Seeks Quick Action (2)(抜粋)

--取材協力:John Detrixhe、Ian Katz、Kasia Klimasinska、Derek Wallbank. Editors: Jodi Schneider, Laurie Asseo

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE