インド株(終了):総じて下落-エネルギー、自動車株が安い

16日のインド株式相場は総じて下 落。エネルギー銘柄と自動車株の下げが目立った。指標のS&Pセンセ ックス指数は前日は5週間ぶり高値を付けていた。

インド石油・ガス公社(ONGC)が約1週間ぶりの大幅安。英高 級車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーター ズと、トラクターメーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンドラも売られ た。携帯電話サービス企業ブハルティ・エアテルはここ4カ月余りで最 もきつい値下がり。同銘柄の投資判断をクレディ・スイス・グループが 引き下げた。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比24.31ポイント(0.1%) 下げ21265.18で終了。より幅広い銘柄を対象にしたS&P・BSE100 指数も0.1%下落した。同指数の騰落比率は2対3だった。

原題:Most Indian Stocks Decline as Energy Companies, Automakers Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE