タイ財務省:今年の経済成長率見通し下方修正-1カ月で2回目

タイ財務省は16日、2014年経済成長 率見通しを引き下げた。ここ1カ月で2回目の下方修正となる。さらに 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、同国政治をめ ぐる抗議活動が景気への重しになると指摘した。

ソムチャイ・スジャポン財政政策局長は記者団に対し、今年の国内 総生産(GDP)は前年比3.1%増加するとの見通しを示した。同省は 先月26日に伸び率予測を4%とし、それまでの5.1%から引き下げた。

タイでは、ステープ元副首相が主導する反政府デモが過去2カ月余 り続いており、同氏はインラック首相退陣までデモを継続する方針。ム ーディーズはこの日の発表資料で、「抗議活動の長期化がクレジットネ ガティブの主因で、これが既に脆弱(ぜいじゃく)な14年の成長見通し に響く」と指摘した。

ゴールドマン・サックス・グループも同日、今年のタイ成長率見通 しを3.6%とし、従来見込んでいた4.2%から引き下げた。

原題:Thailand Cuts 2014 Growth Forecast for Second Time in a Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE