NY原油先物時間外:2週間ぶり高値近辺-在庫減少を好感

ニューヨーク原油先物相場は16日の 時間外取引で2週間ぶり高値近辺で推移。先週の原油在庫が2012年3月 以来の低水準に減少したことを好感した。

前日の通常取引は1.7%上昇。6週間ぶりの大幅上昇だった。米エ ネルギー情報局(EIA)が発表した10日終了週の原油在庫は766万バ レル減少し3億5020万バレルとなった。減少は7週間連続で、減少幅も ブルームバーグ・ニュース調査に基づく予想の130万バレルを超えた。 輸入は13%減り、減少率は12年9月以降で最大だった。

CMCマーケッツのチーフストラテジスト、マイケル・マッカーシ ー氏は「在庫の減少幅は大きな驚きだ。短期的には明確に上昇トレンド になる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限はシドニ ー時間午後0時14分(日本時間午前10時14分)現在、8セント高の1バ レル当たり94.25ドルで推移。前日の通常取引は1.58ドル高の94.17ドル で引けた。終値としては2日以来の高値。全限月の取引高は100日平均 を約48%下回った。

原題:WTI Oil Trades Near Two-Week High as U.S. Crude Stockpiles Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE