メキシコでの外資石油大手の開発投資開始、2年後か-法整備

米エクソンモービルやシェブロンな どの大手石油会社がメキシコの石油・ガス業界に投資できるようになる までにはさらに2年間を要する見通しだ。メキシコでは昨年12月、外国 企業に石油・ガス開発事業を開放する法案が可決された。

メキシコのエネルギー省のエンリケ・オチョア副大臣はメキシコ市 でのインタビューで、外国の原油生産会社による油田探査の入札とイン フラ開発や操業開始が可能になるのは早くても来年末になるとの見通し を示した。操業を認可する前に法的枠組みを決定し、メキシコ国営石油 会社(ペメックス)が開発を継続する油田を選択する必要があると述べ た。

メキシコのペニャニエト大統領は、ペメックスによる75年間に及ぶ 原油生産の独占に終止符を打ち、外国企業に開発事業を開放する改革を 推進している。メキシコは米国への原油供給でカナダ、サウジアラビア に次いで3位。

原題:Big Oil Faces Two-Year Wait as Mexico Works on Contract Terms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE