米財政赤字の縮小は「信用格付けにプラス」-ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベス ターズ・サービスは、米国の「Aaa」の信用格付けにとって財政赤字 の縮小はプラス材料との見方を示した。

ムーディーズの米国担当リードソブリンアナリスト、スティーブ ン・ヘス氏は16日付のリポートで、米財務省の統計資料は「財政赤字が 政府予想を上回るペースで縮小していることを示しており、信用力にプ ラスの材料だ」と説明。「国内総生産(GDP)伸び率も加速している ことから、財政赤字の対GDP比率はさらに急速に低下する見通しだ」 と指摘した。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値では、米 GDP伸び率は2013年が1.9%、今年は2.8%に加速すると予想されてい る。

財務省が13日発表した昨年12月の財政収支は532億ドルの黒字だっ た。給与税の増収やファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)およびフレディ マック(連邦住宅貸付抵当公社)からの返済、失業率の低下が財政改善 に寄与し、同月としては過去最大の黒字となった。

原題:Shrinking U.S. Budget Deficit Is ‘Credit Positive,’ Moody’s Says(抜粋)

--取材協力:Derek Wallbank、Kasia Klimasinska. Editors: Paul Cox, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE