米JCペニーは2000人削減、33店舗閉鎖へ-黒字回復目指す

米百貨店チェーン、JCペニーは33 店舗を閉鎖し、約2000人を削減する計画だ。マイク・ウルマン最高経営 責任者(CEO)は黒字回復を目指しており、同計画は年間6500万ドル (約68億円)の経費削減に貢献する。

同社の15日の発表資料によると、店舗閉鎖と人員削減で第4四半期 に税引き前で2600万ドル、その後に1700万ドルの経費を計上する。

昨年4月にCEOに復帰したウルマン氏は、販売促進(プロモーシ ョン)や人気のプライベートブランド(PB)、一部の販売担当者の販 売手数料を復活させる一方で、店舗を専門店の集合体に改装することを 狙った前任のロン・ジョンソン氏の戦略を打ち切った。同社は9四半期 連続で赤字となっており、ブルームバーグのアナリスト調査によると、 今四半期も2億700万ドルの赤字を計上すると予想されている。

店舗閉鎖は5月前半までに完了する見込みで、閉鎖対象は同社全体 の約3%、人員削減規模は全従業員の約2%に相当する。

JCペニーの株価は時間外取引でニューヨーク時間午後4時46分 (日本時間16日午前6時46分)現在、0.9%安の6.95ドル。昨年は54% 下落した。

原題:J.C. Penney to Cut About 2,000 Jobs While Closing 33 Stores (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE