シンガポール:昨年の住宅販売、09年以来の低水準-抑制策で

シンガポールの昨年12月の住宅販売 は前年同月比で82%減少し、通年では2009年以降で最低となった。政府 は過去最高に達した住宅価格の抑制に向け、これまでで最も厳しい措置 を実施している。

シンガポール都市再開発庁(URA)が15日公表したデータによれ ば、12月の住宅販売は259戸と、月間ベースでは09年1月以降で最も低 い水準。前年同月は1410戸だった。13年通年の住宅販売は33%減の1 万5301戸と、4年ぶり低水準となった。

政府は昨年6月、住宅市場への投機抑制に向け09年に始めた取り組 みを拡大する中、住宅ローンをめぐる新たな措置を打ち出した。シンガ ポール通貨庁(MAS、中央銀行に相当)は15日、国内の不動産市場は 安定しつつあり、同国は国家や銀行システムを危機のリスクにさらすよ うな信用バブルには見舞われていないとの認識を示した。

原題:Singapore Home Sales Drop to Lowest Since 2009 on Toughest Curbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE