東芝:英ニュージェン株60%を170億円で取得へ-原子炉建設

東芝は15日、英原子力発電事業開発 会社ニュージェネレーション(ニュージェン)の株式60%を取得すると 発表した。取得額は約1億ポンド(約170億円)。

株式の過半数を取得することで、米子会社ウェスチングハウス・エ レクトリックの加圧水型原子炉3基の建設を進める。発表によると、取 得するのはスペインの電力会社イベルドローラが保有する50%と、フラ ンスの電力会社GDFスエズの10%。2014年前半に取得を完了する計 画。

ニュージェンは英北西部のムーアサイドで原子力発電所の建設計画 を進めている。原子炉3基の建設により英電力需要の約7%にあたる 約340万キロワットの電力の供給が可能となる。東芝広報担当の吉村雅 弘氏によると、原発建設後は出資比率を下げる可能性もあるという。今 回の投資に伴う業績予想の変更はない。

発表を受け東芝株は一時、昨年7月以来、半年ぶりの水準まで買わ れた。終値は同4.6%高の483円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE