中国東部の製鉄所や火力発電所、国の排出基準に違反-IPE

中国東部の製鉄所や火力発電所が提 供するリアルタイムの排出データは、頻繁に国の基準を超えている。北 京の環境保護団体、公衆環境研究センター(IPE)がまとめた調査報 告でこのように指摘した。

IPEが14日発表したリポートによれば、山東省や河北省に拠点を 置くこうした業界の企業は大気汚染が深刻な時期でも排出基準に「大き く違反」していた。環境保護省が導入したプロジェクトの一環として、 中国東部の3省にある工業施設はリアルタイム情報を昨年7月から提供 し始めており、IPEはこのデータを検証したという。

IPEの創設者で主任を務める馬軍氏は北京で記者団に対し、6億 人以上の人々が昨年1月から始まった「世界的に前代未聞」のスモッグ 発生の影響を受けていると述べ、スモッグは数十の省に広がり、数カ月 間続いていると説明した。

原題:China Industrial Plants Breach Emissions Standards, Study Finds(抜粋)

--Henry Sanderson、Sarah Chen, 取材協力:Benjamin Haas. Editors: Neil Western, Peter Hirschberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE