米ローンスター:コリン氏が社長職に、経営陣強化で-関係者

延滞モーゲージ最大の買い手である 米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ローンスター・ ファンズは、アンドレ・コリン氏を新設の社長職に昇格させた。ジョ ン・グレイケン会長が直属の上司。

同社が13日に出資者に送付した電子メールの内容を、受信者の1人 が私的内容との理由で匿名を条件に明らかにしたところでは、昇格は1 日付で、ローンスター全部門の責任者をコリン氏が統括する。同関係者 によると、コリン氏の昇格で経営幹部体制が強化され、グレイケン会長 は日常業務から離れ、投資先開拓や企業戦略策定に専念できるようにな る。

グレイケン会長(57)の後継者不在については昨年5月、最大出資 者の1つであるオレゴン州年金基金との会合で懸念が示されていた。同 社のウェブサイトによると、コリン氏(52)はこれまで米州担当社長を 務めていた。米州担当社長職はサム・ローグリン氏が引き継いだ。コリ ン氏は2007年入社。

ローンスター広報担当者のジェド・レプコ氏は、コリン氏の昇格に 関するコメントを控えた。

原題:Lone Star Funds Said to Promote Collin to New President Position(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE