チャイナ・ゴールドが買収計画発表取り消し-誤って資料掲載

中国の非公開企業チャイナ・ゴール ド・ストーン・マイニング・デベロップメントは、米鉱山会社アライ ド・ネバダ・ゴールドを7億7960万ドル(約810億円)で買収すると14 日にいったん発表したが、その後間違いだったとして取り消した。

チャイナ・ゴールドが取り消したのは、1株当たり7.50ドルの買収 案に関する発表。同社はPRニュースワイヤに掲載された別の資料で、 専門家の助言を受けず公表されたと説明した。14日の米株式市場では、 アライド・ネバダの株価がプリマーケット取引で一時52%高の6.55ドル に急騰した後、売買が停止された。

アライド・ネバダが14日発表した資料によれば、同社はチャイナ・ ゴールドから買収提案に関する書簡を13日に受け取った。アライド・ネ バダは買収提案について「信頼性に重大な疑念がある」と表明し、チャ イナ・ゴールドの発表を慎重に検討するよう投資家に求めた。

アライド・ネバダはまた、こうした懸念をめぐり米証券取引委員会 (SEC)とカナダのオンタリオ証券委員会に接触したことを明らかに した。チャイナ・ゴールドにコメントを求めて取材を試みたが、今のと ころ誰とも連絡が取れない。

アライド・ネバダ株の売買はその後再開され、株価は前日比7.2% 上昇の4.62ドルで引けた。

原題:China Gold Stone Says Allied Nevada Bid Announced in Error (1)(抜粋)

--取材協力:Jim Polson. Editors: Jasmina Kelemen, Tina Davis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE