米下院:暫定予算案を可決-包括的歳出法案の採決に先立ち

米下院は14日、期間3日間の暫定予 算案を可決し、上院に送付した。現在の暫定予算は15日夜で失効するた め、議会は政府機関の閉鎖回避で、新たな措置を講じる必要がある。

米上院歳出委員会のミカルスキ委員長は下院での採決後に短時間 で、上院が同法案を可決するだろうと述べた。同法案成立により、議会 は総額1兆1000億ドルの包括的歳出法案の今週の採決が可能になる。

原題:House Passes Bill Funding U.S. Government Through Jan. 18 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE