NY原油(14日):上昇、米小売売上高が予想以上の増加

14日のニューヨーク原油先物相場は 上昇。米小売売上高が予想以上に増加したほか、今週発表される原油在 庫が7週連続で減少するとの予測が背景にある。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は、「小 売売上高は良好だった。相場は強気モードにある」と述べ、「相場はし ばらく下げていたが、今日になって買い手が戻ってきた。15日の在庫統 計で相場がどう反応するかが大きな試金石だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比79セント(0.86%)高の1バレル=92.59ドルで終了。

原題:WTI Crude Advances as U.S. Retail Sales Climb More Than Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE