NY金:反落、ドル上昇で代替需要後退-小売指標予想上回る

ニューヨーク金先物相場は4営業日 ぶりに下落。ドルが持ち直したのに伴い、代替投資としての金買いが後 退した。昨年12月の米小売売上高が市場予想を上回る伸びとなったこと を背景に、ドルは主要10通貨のバスケットに対して一時0.4%上昇し た。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「ドルの 強さと米景気改善の兆しを背景に、金買いが手控えられている」と指 摘。「金に投資し続ける理由はないとの声が多い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.5%安の1オンス=1245.40ドルで終了した。

原題:Gold Falls as Dollar Rises After U.S. Retail Sales Top Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE