日航のボーイング「787」から発煙-バッテリー不具合の可能性

成田空港で14日、出発準備中だった 日本航空のボーイング「787」(ドリームライナー)から発煙が確認さ れた。日航は現在、バッテリーを調査しているが、昨年の改修後初めて のバッテリートラブルの可能性がある。

日航の広報担当、宝本聖司氏は電話インタビューで、発煙トラブル が起きたのはバンコク行きの便。出発前で乗客は搭乗しておらず、別 の787型機に振り替えたと説明した。調査結果は国土交通省およびボー イングと共有していくと述べた。

787型機は昨年、1月の発火トラブルの後、世界で一時運航停止と なった。宝本氏は整備士が機体下部に煙を見つけバッテリーを調べたと ころ、8個のセルのうち1個で安全弁から液体が漏れ出しており、他の 7個の電池には問題はなかったと語った。コックピットの計器はメーン バッテリーと主充電器の不具合の可能性を表示したという。

コンサルティング会社、テコップ・インターナショナルのハンス・ ウェーバー社長は「損傷が1つのセルに限定されたことは朗報だ」と発 言。「何らかの不具合が起こり、煙は想定通り排出された。セル同士を 隔離するシステム設計も機能したことが極めて重要だ」と指摘した。

米連邦航空局(FAA)は電子メールで、今回のバッテリーの不具 合について日本の国土交通省航空局およびボーイングに協力すると表 明。米運輸安全委員会(NTSB)のケリー・ナンテル報道官は NTSBが今回のトラブルを承知しており、日本の運輸安全委員会に協 力すると電子メールで説明した。

原題:Boeing 787 in Japan Probed After Smoke Seen During Maintenance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE