ユーロ圏経済上振れも、デフレもインフレもなし-ノボトニー氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ノボトニー・オーストリア中銀総裁は14日、ユーロ圏の今 年の経済成長率は予想以上となる可能性があるとの見方を示した。

同総裁はウィーンでの会議で、ユーロ圏の今年の域内総生産 (GDP)が「上振れする可能性もある」と述べた。「ドイツやオース トリアは2%成長に達するかもしれない」と付け加えた。

「まだ慎重姿勢でいる」としたものの、予想よりも良い数字を「期 待してよいかもしれない」と語った。

ノボトニー総裁はまた、「インフレ期待はよく抑えられているの で、ECBが直ちに行動する必要性を感じない」と言明。フォワードガ イダンスは依然有効だとして、「政策金利は相当の期間にわたって現行 水準かそれを下回るだろう」と述べた。

さらに、「ユーロ圏では短期および中期的にインフレもデフレも見 られない」とし、物価安定というECBの責務に沿う限りフォワードガ イダンスを堅持すると強調。「欧州全体の見通しは1年前に比べはるか に明るい」と語った。

原題:ECB’s Nowotny Says Euro-Area Economy Has Upside Potential (1)(抜粋)

--取材協力:Agnes Lovasz. Editors: Zoe Schneeweiss, Alan Crawford

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE