米ウェルズ・ファーゴ:10-12月期、通期ともに過去最高益

住宅金融で米最大手、ウェルズ・フ ァーゴの昨年10-12月(第4四半期)決算は過去最高益だった。通期利 益も過去最高を記録した。経費削減が奏功した。

14日の同行発表によると、純利益は前年同期比10%増の56億1000万 ドル(約5820億円、1株当たり1ドル)。前年同期は50億9000万ドル (同91セント)だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト33人の予 想平均値は一部項目を除いたベースで1株当たり98セント。通期利益 は16%増の219億ドルだった。

金利上昇で住宅ローンの借り換え需要が減少する中、同行は人員や 費用の削減を進めている。昨年7-9月(第3四半期)に費用が目標を 上回ったことを受けて、ウェルズは経費節減の決意を示していた。

10-12月期の収入は前年同期比6%減の207億ドル。通期の収入 は838億ドルとなった。非金利費用は第4四半期に6%減少した。純金 利マージンは3.26%と、第3四半期の3.38%から縮小した。

通期利益はこれで5年連続で過去最高となった。2013年利益は09年 以降で初めてJPモルガン・チェースを上回った。JPモルガンの通期 利益は16%減の179億ドルだった。

原題:Wells Fargo Profit Rises 10% to Record as Lender Curbs Costs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE