インド株(終了):反落-タタ・モーターズや金属株が安い

14日のインド株式相場は反落。前日 は指標のS&Pセンセックス指数は7週間ぶりの大幅高だった。同日の 米S&P500種株価指数が過去2カ月で最大の下げとなった後は、世界 株安の様相となっている。

英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・ モーターズは約1週間ぶりの大幅下落。産銅会社セサ・スターライトが 3日続落するなど、金属株は総じて安い。インド最大の電力会社、 NTPCは1週間ぶりの安値。タタ・コンサルタンシー・コンサルシ ー・サービシズは前日付けた上場来高値から反落した。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比101.33ポイント (0.5%)安の21032.88で終了。前日は昨年11月25日以降で最大の値上 がりだった。

原題:India’s Sensex Drops From 7-Week High as Tata Motors, Sesa Fall(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty. Editors: Phani Varahabhotla, Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE