香港株(終了):ハンセン、3日ぶり反落-長城汽車が急落

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が3営業日ぶりに反落した。スポーツ型多目的車(SUV)生産で中国 最大手の長城汽車が2008年11月以来の大きな下げとなったことが響い た。

長城汽車(2333 HK)は12%安で終了。一時は20%安まで下げた。 技術的な問題に対処するため、新モデルの投入を3カ月先送りすると発 表したことが嫌気された。

テレビメーカーのTCLマルチメディア・テクノロジー・ホールデ ィングス(1070 HK)は6.5%安。通期損益が赤字もしくは減益になると の見通しを示した。加工食品メーカーの康師傅(322 HK)は2.5%安。 即席麺メーカー間の競争が激化するとの見通しをUBSが示した。

ハンセン指数は前日比97.48ポイント(0.4%)安の22791.28。ハン セン中国企業株(H株)指数は0.3%安の10149.22。

アンプル・キャピタルの資産運用ディレクター、アレックス・ウォ ン氏(香港在勤)は「弱い相場だ。香港株は相場上昇時は米国株から独 立した動きをするが、下げるときは一緒に下がる」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Fall First Time in Three Days; Great Wall Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE