サントリーのビーム買収の手数料93億円-三菱UFJ系投資銀も

ウイスキー、ビールメーカーのサン トリーホールディングスによる米ビーム買収で、助言業務に携わった独 立系投資銀行センタービュー・パートナーズなど3社は、合計約9000万 ドル(約93億円)の手数料を受け取ることになる。

サントリーは、債務引き受け分を含めて総額160億ドルでビームを 買収することで合意した。世界3位の高級蒸留酒メーカーが誕生する。 米調査会社フリーマンのデータによれば、ビーム側のアドバイザーを務 めたセンタービューとクレディ・スイス・グループが約5000万ドルの手 数料を分け合う。三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・ス タンレーの合弁投資銀行はサントリーに助言し、約4000万ドルを受け取 る。

ブルームバーグの集計データによれば、2006年創業のセンタービュ ーは今回の買収への助言で、今年の合併・買収(M&A)アドバイザリ ー・ランキングで昨年の16位から3位に躍進した。首位のモルガン・ス タンレーは、年明け2週間で発表された8件(計230億ドル相当)のア ドバイザーを務めた。

原題:Centerview May Split $90 Million With Banks on Beam-Suntory Deal(抜粋)

--取材協力:David Welch. Editors: Mohammed Hadi, Ben Scent

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE