大規模油田の発見目指すコスモス、英BP元探査責任者起用へ

石油探査会社のコスモス・エナジー (バミューダ諸島)は、英石油大手BPの元探査責任者、アンドルー・ イングリス氏(54)を会長兼最高経営責任者(CEO)に起用する見通 しだ。コスモスは西アフリカで10年ぶりの大規模油田の発見を手掛けた 実績があり、埋蔵量10億バレル規模の新油田発見に向け取り組みを強化 している。

コスモスが13日発表した文書によると、イングリス氏は3月1日に 同社の会長兼CEOに就任する予定。イングリス氏はメキシコ湾原油流 出事故後の2010年にBPを退社した。現在は石油サービス会社の英ペト ロファクで総合サービス部門のCEOを務めている。

コスモスは約10年前に創業。07年にガーナ沖でジュビリー油田の発 見を手掛けた。時価総額は約44億ドル(約4600億円)。イングリス氏に よると、同社は08年の金融危機後、探査向け投資を抑制していたが、モ ロッコ沖など米シェブロンをはじめとする石油大手が開発を目指す地域 で年間2-4カ所の油井の掘削を計画している。

原題:Kosmos Hires Former BP Exec Inglis in Billion Barrel Hunt (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE