フィッチ:米格付け、2月7日債務上限引き上げ期限が「重要」

格付け会社フィッチ・レーティング スは、米国の「AAA」信用格付けにとっては連邦債務上限の引き上げ 期限である2月7日が「重要な日」になるとの見通しを示した。

オバマ米大統領は昨年、債務上限の適用を一時的に停止し、16日間 にわたる政府機関の一部閉鎖を終了させるための法案に署名した。フィ ッチは同年10月15日、米国の最上級格付けを引き下げ方向で見直す「レ ーティングウオッチネガティブ」に指定した際、債務上限引き上げをめ ぐる攻防が「支配的な準備通貨としての米ドルの役割への信頼を損なう 恐れがある」と指摘していた。

フィッチのマネジングディレクター兼ソブリン・国際機関債グルー プのグローバル責任者、ジェームズ・マコーマック氏は13日のニューヨ ークでのインタビューで、「2月7日はわれわれにとって重要な日だ」 と語った。

昨年の債務上限をめぐる与野党の対立は10月17日に終了。ただ、ル ー米財務長官は先月、連邦債務が早ければ2月後半に法定上限に達する と警告し、議会にそれより数週間前に債務上限を引き上げるよう求め た。

マコーマック氏は「この問題は格付け見直しの唯一の要因ではな い」と説明。「どのように決着するかが問題だ。つまり、債務上限が引 き上げられたら、格付けや財務省の継続的な資金調達能力をめぐる短期 的懸念がなくなるほど十分な時間ができるのか、ということだ」と述べ た。

マコーマック氏によると、欧州証券市場監督機構(ESMA)に登 録するフィッチは欧州の規制の一環として3月21日に米国の格付けをめ ぐる声明を公表することで合意した。

同氏はこの合意について、「われわれが必ずしもレーティングウオ ッチを決着する立場にあることを意味しない」と指摘。「債務上限問題 がいつどのように解決するかについて経過を見守る意向だ」と述べた。

原題:Fitch Says Feb. 7 Debt-Limit Date Is ‘Key’ for U.S.’s Rating(抜粋)

--取材協力:Ian Katz、Matt Robinson. Editors: Paul Cox, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE