ホンダ、新型フィット投入で米市場販売てこ入れ狙う-燃費向上

米サブコンパクトカー販売でゼネラ ル・モーターズ(GM)やフォード・モーターに後れを取っているホン ダは、初めて北米で生産を開始するハッチバック「フィット」の新型モ デル投入で販売てこ入れを図る。

2015年型フィットは13日、北米国際自動車ショーでお披露目され た。ホンダの説明によると、新型車のボディサイズは現行モデルとほと んど変わらないが、車内空間を広くし、燃費なども向上した。ボディデ ザインを刷新し、排気量1.5リットルの新型エンジンを搭載、馬力が最 大11%、燃費は16%向上するという。

米国ホンダのジョン・メンデル執行副社長(販売担当)は13日、 「これまでで最高のフィットとなり、小型車の新しい基準になると確信 している」と自信を示した。販売開始は「春後半」になるとしたが、詳 細は明らかにしなかった。

これまでのフィットのモデルは米消費者団体専門誌コンシューマ ー・リポーツで高い評価を受けながら、13年の米小型車販売トップとな ったホンダの「シビック」や、トヨタ「カムリ」に次ぐ米市場販売2位 の「アコード」に匹敵するような高い販売水準には達していない。昨年 の販売はGMのハッチバック「シボレー・ソニック」が8万5646台、フ ォードのサブコンパクトカー「フィエスタ」が7万1073台だったのに対 し、フィットは5万2944台にとどまった。

原題:Honda Retools Tiny Fit to Regain U.S. Sales Lost to GM, Ford(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE