NY原油先物時間外:上下に浮動-米燃料在庫の増加観測で

ニューヨーク原油先物相場は14日の 時間外取引で上下に浮動。米燃料在庫が3週連続で増加したとの予想が 強まっている。

前日の通常取引は1%下落。下落率は8日以降で最大。米エネルギ ー情報局(EIA)が15日に発表する先週のヒーティングオイル(暖房 油)とディーゼル油を含む留出油在庫は、ブルームバーグ・ニュースの 調査によると138万バレルの増加が予想されている。ガソリン在庫は220 万バレル増の予想。米ゴールドマン・サックス・グループは商品相場の サイクルが反転しつつあり、いずれ構造的な弱気市場に入るとの見通し を示した。

ファット・プロフェッツの資源アナリスト、デービッド・レノック ス氏(シドニー在勤)は「米国では石油製品の供給が潤沢だ。在庫が減 少することは予想できず、価格に圧力をかけ続けるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限はシンガ ポール時間午後0時51分(日本時間同1時51分)現在、17セント高の1 バレル当たり91.97ドルで推移。前日の通常取引は92セント安の91.80ド ルで引けた。全限月の取引高は100日平均を約15%下回った。年初来の 下落率は6.6%。

原題:WTI Crude Swings Amid Speculation U.S. Fuel Stockpiles Increased(抜粋)

--取材協力:Ramsey Al-Rikabi. Editors: Yee Kai Pin, Ramsey Al-Rikabi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE