米ヘッジファンド:原油の買い越し、8.6%減-燃料在庫増で

ヘッジファンドによる原油相場上昇 を見込む買い越しは6週間ぶりに減少した。需要が弱い中、米燃料在庫 が増加した。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ファ ンドなど大口投機家の原油の先物とオプションの買い越しは7日終了週 に8.6%減少した。減少率は昨年6月以降で最大。売りポジションは4 月以降で最大の増加を示した。

原油相場は今月9日、8カ月ぶりの安値まで下落した。ガソリン、 ディーゼル油、ヒーティングオイル(暖房油)の在庫が増加した。燃料 需要は3日までの3週間減少し、2012年6月以降で最長を記録した。米 エネルギー情報局(EIA)によると、国内原油生産は1988年以降で最 高水準に増加した。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「昨年末は相場が急騰したが、石油 製品在庫が大幅に積み上がったため、価格を維持できなかった。市場全 体で供給は極めて潤沢だ」と述べた。

原題:Hedge Fund Bullish Oil Wagers Drop as Fuel Supply Gains: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE