サントリー、米ビームを総額1.7兆円で買収へ-世界3位に

ウイスキー、ビールメーカーのサン トリーホールディングスは、米ビーム(イリノイ州ディアフィールド) を総額160億ドル(約1兆6550億円)で買収することで合意した。ウイ スキーの「メーカーズマーク」などのブランドを獲得し、世界の蒸留酒 市場で3位のポジションを築く。

ウイスキーの「ジムビーム」や「カナディアンクラブ」を製造・販 売するビームの株主は保有株1株につき現金83.50ドルを受け取る。サ ントリーが13日発表した。これはビームの10日の終値66.97ドルを25% 上回る水準。買収総額にはビームの債務引き受け分も含むが詳細は明ら かにされていない。ブルームバーグの集計データによれば、ビームの長 期債務は20億ドル。発行済み株式約1億6310万株で計算すると、ビーム の時価総額は136億ドルとなる。

サントリーは少子高齢化などで国内市場の成長余地が限られる中、 一時キリンホールディングスと統合交渉を進めていたが破談。以後は、 買収など通じて海外市場開拓に注力している。サントリーとビームは以 前から互いの製品を販売しあうなど協力関係にあったが、サントリーの 蒸留酒事業は世界大手の英ディアジオなどに後れをとっていた。今回の 買収でサントリーは世界市場で大きくプレゼンスを向上させる。

ブルームバーグは12年12月、サントリーがディアジオと共同でビー ム買収を検討していた、と報じていた。サントリー幹部は当時、単独で の買収も視野に入れている、と取材に対し語っていた。ブルームバーグ の集計データによると、今回の買収は飲料業界で過去6番目の規模。

物言う株主

ビームの12年の売上高の内訳は北米が59%、欧州・中東・アフリカ が21%だった。同社の筆頭株主は物言う株主として知られるビル・アッ クマン氏のヘッジファンド、パーシング・スクエア・キャピタル・マネ ジメント。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、トレバー・ス ターリング氏は今回の買収について、「サントリーの戦略にとって理に かなっている。単独での買収に少し驚いたが、円の金利は低い」と語っ た。13日の米株式市場で、ビームの株価は前営業日比24.6%高の83.42 ドルで終了。昨年は11%上昇した。サントリーの清涼飲料子会社サント リー食品インターナショナルの14日株価は、一時前営業日比2.4%高ま で上昇した。

事情に詳しい関係者によれば、欧州蒸留酒2位の仏ペルノ・リカー ルがビームに対抗買収案を提示する公算は小さい。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、ジャック・ルッソ氏は電話 インタビューで、サントリーの提示額は「適正価格だ」と述べ、競合す る買い手が現れるかどうかを予測するのは難しいと指摘。「たばこやギ ャンブル業界と同様、アルコール業界も一定の再編が進んでいる。残っ ているアルコールの専業会社は多くはなく、希少価値があったと思う」 との見方を示した。

市場シェア

米蒸留酒市場でビームの市場シェアはディアジオ(26%)に次ぐ2 位の19%。ブラウンフォーマンが18%でこれに続く。

スタイフェル・ニコラウスのアナリスト、マーク・スウォーツバー グ氏は13日のリポートで、「サントリーは米国ではほとんど存在感がな い。今回の買収によって市場シェアは1%未満から11%になる」とした 上で、バーボン市場での存在感が増すだろうと指摘した。

甘利明経済再生相は14日、サントリーの買収について「大いに期待 をいたしております」と述べ、国内から世界市場での競争に移っていく 日本企業の動きに理解を示した。

--取材協力:Mohammed Hadi、Paul Jarvis. Editors: Kevin Orland, James Callan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE