米社債保証コスト上昇、NII債は大幅高-CDS取引

13日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが過去1カ月で最 大の上昇。スペインのテレフォニカとブラジルおよびメキシコでのサー ビスで合意した無線事業者NIIホールディングスの社債は7週間ぶり の高値を付けた。

ブルームバーグの集計データによると、北米企業の信用リスクの指 標であるマークイットCDX北米投資適格指数は、2.2ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の66.2bp。昨年12月26日には62bp と6年ぶりの水準に低下していた。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、ト レースによれば、NIIの2016年償還債(表面金利10%、総額8億ド ル)はニューヨーク時間午後3時21分(日本時間14日午前5時21分)現 在、5.5セント高の60セントと昨年11月20日以来の高値を記録した。

13日の発表資料によると、テレフォニカは自社の第3世代携帯電話 網を通じて、ブラジルとメキシコにおいてネクステルブランドで事業展 開するNIIの子会社に音声とデータのサービスを提供する。

原題:NII Holdings Bonds Jump After Telefonica Deal; Credit Swaps Rise(抜粋)

--取材協力:Sarika Gangar. Editors: John Parry, Shannon D. Harrington

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE