米自動車業界の成長は安定期に、販売の伸び減速へ-トヨタ

トヨタ自動車は米国の自動車業界が 「安定」期に入っているとし、同国での自動車販売の伸びは減速すると の見通しを示した。

トヨタ北米担当最高経営責任者(CEO)のジム・レンツ氏は12日 にデトロイトで、同社では今年の米販売台数を230万台と見込んでいる と述べた。米調査会社オートデータによれば、トヨタの昨年の販売台数 は7.4%増加の224万台だった。

レンツ氏は業界関連の会議で「自動車メーカー各社は4年連続で前 年比での販売増加を享受してきた」と発言。「今年は業界が『安定』期 に入り、販売増加の継続は累積需要よりも経済成長の結果として実現す ることになろう」と述べた。

トヨタは業界全体の米販売台数を1600万台と予想。オートデータに よると、昨年は7.6%増の1560万台だった。

レンツ氏は「着実な経済成長と失業率の低下は、米国民が再びより 自由に消費し始める可能性があることを意味する」と話した。

原題:U.S. Automobile Industry Growth Is Leveling Off, Toyota Says (1)(抜粋)

--取材協力:Alan Ohnsman. Editors: Chua Kong Ho, Lena Lee

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE