安倍首相、モザンビークに支援を約束-資源開発と環境対応へ

アフリカ歴訪中の安倍晋三首相はモ ザンビークに対し、今後5年間に政府開発援助(ODA)を約700億円 供与することを明らかにした。同首相はアフリカから天然ガス供給の確 保を目指している。

安倍首相はモザンビークの首都マプトで同国のゲブザ大統領と会談 後、資金は天然資源と環境プロジェクトに充てられることになると指摘 した。ゲブザ大統領は記者会見で「両国は全てのレベルで協力関係を多 角化し強化していくものと期待する」と述べた。

世界一の液化天然ガス(LNG)輸入国である日本は、2011年3月 の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故以後、新たなエネル ギー源を探っている。

原題:Japan’s Abe Pledges Funds to Help Mozambique Energy Sources Grow(抜粋)

--取材協力:Mike Cohen. Editors: Eric Coleman, Marco Bertacche

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE