韓国の朴大統領、南北統一による大いなる経済発展を目指す

韓国の朴槿恵大統領は任期2年目の スタートに、南北統一によって得られるだろう前例のない繁栄を目指し ていく姿勢を表明した。ただ、朝鮮戦争から60年以上が過ぎており、多 くの韓国国民の間では統一への関心は薄れつつある。

高齢化によって国家の労働生産性が脅威にさらされる中、韓国サム スン電子の電子機器を愛用し、Kポップの音楽を聞く有権者らを説得す るため、朴大統領はアジア4位の韓国の資本と技術を北朝鮮の人的資源 および天然資源と結び付けることによる経済面での利点を訴えるキャン ペーンを計画する。

朴大統領はソウルの青瓦台でインタビューに答え、「南北分断の状 況が長引くことで、統合の重要性に関する認識が後退してきていること は認めざるを得ないところだ」と語った。その上で、南北統一によって 経済は新たな飛躍を経験し、活力が注入されるだろうとの見方を示し た。

来週スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムに出席する予 定の同大統領は10日のインタビューで、今年は中小企業を支援する「創 造的な経済センター」を構築していく方針を表明した。斬新なアイディ アを持っている人たちに担保なしで資金を提供するのが目的だと説明し た。

対日関係

一方、朴大統領はこれまで、安倍晋三首相からの首脳会談の呼び掛 けに応じない姿勢をとり、安倍政権が慰安婦問題などに言及し、両国政 府の歴史認識について日本側の対応に前進があることが前提との姿勢を 示してきた。安倍首相も来週ダボスを訪問するが、朴大統領は両国間の 意見の相違について話し合う可能性は低いとの認識を示した。同大統領 は「両者が握手を交わすかどうかといった単純な問題ではない」と指 摘、「私からあなた方に尋ねたい。韓国側の立場ならば、何事もなかっ たかのように振る舞って先に進めるだろうか」と語った。

原題:Park Extols Korea Bonanza With a North-South Unification Economy(抜粋)

--取材協力:Eunkyung Seo、Cynthia Kim、Neil Western、Arran Scott. Editors: Chris Anstey, Andrew Davis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE