米ターゲット:最大7000万人の情報が流出、当初発表より大量

米ディスカウントチェーン2位のタ ーゲットは米国部門の2013年11月-14年1月(第4四半期)の業績見通 しを引き下げた。さらに、最近の同社システムへの不正アクセスではこ れまでの発表よりも多くの顧客情報が流出していたことを明らかにし た。

10日のターゲット発表によると、最大7000万人の名前と住所、電子 メールアドレスが流出した。同社はこれまで、4000万枚分のデビッドカ ードとクレジットカード情報が盗まれたとしていた。

同社によれば、米国部門の売上高は今回の顧客情報流出後に大幅に 落ち込んだ。11-1月の米既存店売上高は約2.5%減少する見通し。従 来はほぼ変わらずを見込んでいた。同部門の1株当たり調整後利益 は1.20-1.30ドルになるとし、従来予想の1.50ドルから下方修正した。

原題:Target Breach Hit More Shoppers While Slowing U.S. Sales (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE